にほんご 中文 english ハングル スペイン語 ポルトガル語
生田緑地
緑地について 園内マップ 施設案内 イベント アクセスマップ 自主企画 情報発信 市民活動団体 フォトギャラリー

生田緑地ってどんなところ?

生田緑地は、昭和16(1941)年に都市計画決定された都市計画緑地であり、首都圏を代表する緑豊かな自然環境を有しています。

生田緑地には、クヌギ・コナラを中心とした雑木林や、谷戸部の湿地、湧水等の貴重な自然資源が残されており、かつての里山環境や、周辺の農地、樹林等と一体となった美しい風景が今に引き継がれています。特に、中央地区には、ゲンジボタルやホトケドジョウ等、市内でも限られた地域にしか見られない貴重な生物が生息しています。

春には枡形山のサクラ、初夏にはハナショウブ、秋には美しい紅葉等、四季折々の自然を感じることができます。その自然を背景に、岡本太郎美術館、日本民家園、伝統工芸館、かわさき宙(そら)と緑の科学館、藤子・F・不二雄ミュージアム、春と秋に開苑するばら苑等の施設があり、さまざまな楽しみ方ができる場となっています。

緑地空撮写真
生田緑地の将来像とは?

★★★生田緑地ビジョン★★★


都市における緑が失われる中で、生田緑地の自然環境保全の重要性が高まっていることや、これまでの生田緑地の構想等を踏まえ、生田緑地に係る様々な主体が共通の想いを持って活動や取組を進めることができるよう、誰もが共有できる生田緑地のめざすべき将来像を示す構想として「生田緑地ビジョン」を平成23年3月に定めています。

→川崎市ホームページ「生田緑地ビジョン策定のページ」
(http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/26-8-18-2-0-0-0-0-0-0.html)
 
生田緑地を市民の財産として継承するために

★★★生田緑地の自然の保全・利用方針の策定★★★


生田緑地のエリアごとの特性に応じた自然の保全及び利用の大きな方向性を定めるものとして「生田緑地の自然の保全・利用方針」を平成25年7月に定めています。誰もが共有できる保全と利用の在り方を示すことによって、生田緑地ビジョンに基づく「保全と利用の調整」を図り、両者が好循環することによって、生田緑地の豊かな自然・文化・人を次世代に継承し、市民の財産として持続可能なものとしていくことを目指しています。
 
pdf 生田緑地の自然の保全・利用方針(本編)(PDF形式・86KB)
pdf 生田緑地の自然の保全・利用方針(エリア図)(PDF形式・4,175KB)
生田緑地の生態系を保全・育成するために

★★★生田緑地植生管理計画の策定★★★


生田緑地では、平成25年に策定された「生田緑地の自然の保全・利用方針」を踏まえて、植生を含む生態系の保全・育成を行うための具体的な管理計画である「生田緑地植生管理計画」を平成26年8月に定めています。 植生管理計画は、平成9年に植生管理計画の概念が導入され、その後、「生田緑地植生管理計画」として、市民協働により、植生管理協議会において策定され、計画区域の拡大と見直し等を行いながら運用されてきたものです。現在は、自然環境保全管理会議において「生田緑地の生きものや環境を未来に引き継ぐためにはどうしたらよいか」という視点のもと、本計画を生田緑地全体に広げるための取組を進めています。
 
pdf 生田緑地植生管理計画(本編)(PDF形式・86KB)
pdf 生田緑地植生管理計画(一覧表)(PDF形式・98KB)
pdf 生田緑地植生管理計画(図表)(PDF形式・8,292KB)
 

生田緑地の施設

所在地  :神奈川県川崎市多摩区枡形6、7丁目、東生田2丁目他 宮前区初山1丁目他
広さ   :179.3ha(計画区域を含む)
公園種別 :総合公園