にほんご 中文 english ハングル スペイン語 ポルトガル語
生田緑地
緑地について 園内マップ 施設案内 イベント アクセスマップ 自主企画 情報発信 市民活動団体 フォトギャラリー
 

「生田緑地マネジメント会議」平成27年度第4回運営会議開催結果

平成28年1月29日(金)18時00分から、生田緑地東口ビジターセンター2階多目的スペースにおいて、平成27年度第4回運営会議が開催されました。今回の運営会議から、協議事項を先に審議することとなり、「生田緑地の自然の保全・利用方針のエリア拡充(案)について」と「生田緑地のルールについて」が話し合われました。 また、事務局、行政、自然会議から4件の報告が行われました。

■会議の様子



会議の様子1


議事概要

1.協議事項

 

①生田緑地の自然の保全・利用方針のエリア拡充(案)について


生田緑地整備事務所より、生田緑地の自然の保全・利用方針のエリア拡充(案)について説明があり、「ゴルフ場地区・景観再生エリア」の追加と西口園路整備に伴う「中央地区・公園施設等利用エリア」、「中央地区・自然環境保全管理エリア」の一部追加、園路整備に伴う「東地区・自然環境保全エリア」の一部追加の説明がありました。
協議の結果、事務局案で承認され、マネジメント会議から川崎市に提言することとなりました。

  

②生田緑地のルールについて


喫煙ルールについて

平成28年度より東口ビジターセンター付近と西口駐車場に喫煙スペースを設置して、緑地内の分煙を図ることとなりました。
禁煙の看板は、来園者の動線を考慮して設置場所を決定するものとしました。

 

その他のルールについて

今後のルールの追加や改正を行う際には、「生き物を大切に」と「お互いに気持ち良く」を基本的な考え方として実施していくことを確認いたしました。
東口ビジターセンターへのマナー掲示板の設置は、平成28度から取り組むことを検討することとなりました。
整備事務所より平成28年度には、マナーキャンペーンを実施するための予算を確保する予定があるという話がありました。

 

また、その他のルールについては以下のような意見交換も行いました。

中央広場では、幼児や赤ちゃんのための日よけは必要。テント・タープの使用は認めないが、日陰棚をつくって対処すればいいのではないか。
ボール遊びなどの遊具は、科学館の売店で取り扱っているものだけを利用可能とすればよいのではないか。
ザリガニの採集を認めるのはよいが、他の希少種をとられてしまう懸念がある。
子供のサッカー遊びぐらい認めて、道徳教育も併せて行えばよいのではないか。
子供が自由に遊べる時間帯を区切って確保するという方法もあるのではないか。

2.報告事項

 

①第4回みどりのサロン開催について

3月に予定していた第4回みどりのサロンについては、参加者がいないため中止となりました。次回の開催は、改めて次年度の運営会議などで検討いたします。


②川崎市緑の基本計画改定について

みどりの企画管理課から、みどりの基本計画改定について、平成29年度に計画案を策定し、パブリックコメントを経て平成30年に実施することが報告されました。


③東生田2丁目ルートの整備について

みどりの保全整備課から、東生田2丁目東ルートについて、第2回の意見交換会の意見・要望を受けた今後の方向性について報告がありました。


④自然会議報告について

自然会議より、第3回生田緑地自然環境保全管理会議の開催報告がありました。


⑤その他

会員より行政の計画に係るパブリックコメントを行う際には、マネジメント会議を通じて、情報をメール配信してほしいとの要望がありました。


■今後のスケジュール

  

○第5回コア会議
・平成28年1月29日(月) 14:00~16:00 場所:東口ビジターセンター2F

 

○平成27年度全体会議
・平成28年3月17日(木) 18:00~20:00 場所:かわさき宙と緑の科学館2F多目的室

■ニュースレター


生田緑地マネジメント会議トップページへ