にほんご 中文 english ハングル スペイン語 ポルトガル語
生田緑地
緑地について 園内マップ 施設案内 イベント アクセスマップ 情報発信 市民活動団体 フォトギャラリー
2019年7月
期間イベント情報
期間イベント情報
年中行事展示 「盆行事」
場所:日本民家園
(15)旧北村家住宅と、(16)旧清宮家住宅を中心に、毎月テーマを決めて、かつて村々で行われていた年中行事の展示を行っています。
7月20日 土曜日~8月16日 金曜日
※ 休園日を除く
関連リンク : http://www.nihonminkaen.jp/archives/981/
連絡先 : 川崎市立日本民家園 TEL:044-922-2181
岡本太郎美術館20周年記念展 前期/岡本太郎・縄文から現代へ
場所:岡本太郎美術館
生前の岡本太郎氏から川崎市が2千点におよぶ主要作品の寄贈を受け、1999年10月30日に岡本太郎美術館が開館し今年で20年を迎えます。
岡本太郎美術館では開館以来、常設展示室での収蔵作品展示のほかに、企画展として、「岡本太郎を顕彰し、その芸術性を探るもの」、「岡本太郎が交流した作家とその時代」、「芸術と社会との関り」を企画展のテーマとして展覧会を開催してきました。20年の間にこれらの企画展は約60回となります。
開館20周年の記念として、これまでに開催してきた企画展を振り返り、展覧会を象徴する代表作品や資料を抽出し展示する展覧会を前期と後期に分けて開催します。
前期展では、岡本太郎の多面的な活動の足跡と、縄文土器から民族の源流を探るフィールドワークの旅、そして岡本太郎と関わりの深い同時代の作家を紹介します。
本展を通じてこれまでの展覧会を振り返り、今後の美術館の更なる役割を見出すきっかけとしたいと考えています。


会期:2019年7月13日(土)~10月14日(月・祝)
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(7月15日、8月12日、9月16日、9月23日、10月14日を除く)、7月16日(火)、8月13日(火)、9月17日(火)、9月24日(火)
観覧料 一般1,000(800)円、高・大学生・65歳以上800(640)円、中学生以下は無料 ※( )内は20名以上の団体料金
主催:川崎市岡本太郎美術館
協力:岡本太郎記念館、東京国立近代美術館、川崎市市民ミュージアム、中村正義の美術館、昭和女子大学光葉博物館、井戸尻考古館、ワンダーアートプロダクション、特定非営利活動法人熱帯森林保護団体、早稲田大学、廣村デザイン事務所、二子流東京鬼剣舞
助成:一般財団法人地域創造
協賛:岡本太郎美術館20周年事業支援実行委員会
関連リンク : http://www.taromuseum.jp/exhibition/current.html
連絡先 : 川崎市岡本太郎美術館 TEL:044-900-9898
年中行事展示 「七夕」
場所:日本民家園
(15)旧北村家住宅と、(16)旧清宮家住宅を中心に、毎月テーマを決めて、かつて村々で行われていた年中行事の展示を行っています。
7月7日 日曜日~7月10日 水曜日
※ 休園日を除く
関連リンク : http://www.nihonminkaen.jp/archives/981/
連絡先 : 川崎市立日本民家園 TEL:044-922-2181
年中行事展示 「原家夏座敷」
場所:日本民家園
(15)旧北村家住宅と、(16)旧清宮家住宅を中心に、毎月テーマを決めて、かつて村々で行われていた年中行事の展示を行っています。
5月24日 金曜日〜9月13 金曜日
※ 休園日を除く
関連リンク : http://www.nihonminkaen.jp/archives/981/
連絡先 : 川崎市立日本民家園 TEL:044-922-2181
伝統工芸館ミニ展示「藍Tvol.12 藍染めTシャツの魅力」
場所:日本民家園
色々な技法を使って染めた涼しげな藍染めTシャツを、
夏を先取りして展示します。

会期: 2019年5月15日 水曜日~7月27日 日曜日
時間: 9時30分~17時
料金: 観覧無料(伝統工芸館内のみ)
場所: 伝統工芸館

関連リンク : http://www.nihonminkaen.jp/archives/4367/
連絡先 : 伝統工芸館 TEL:044‐900‐1101