にほんご 中文 english ハングル スペイン語 ポルトガル語
生田緑地
緑地について 園内マップ 施設案内 イベント アクセスマップ 情報発信 市民活動団体 フォトギャラリー
2018年2月
期間イベント情報
期間イベント情報
企画展「第21回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」展
 場所:岡本太郎美術館
時代を創造する者は誰か!
時代に先駆けて、たえず新たな挑戦を続けてきた岡本太郎。
1954年、岡本太郎43歳のときに出版された『今日の芸術』。この本には「時代を創造する者は誰か」というサブタイトルがつけられていました。
1996年、岡本太郎没、享年84歳。
その直後、岡本太郎記念現代芸術大賞(2006年 岡本太郎現代芸術賞に改称)、通称「TARO賞」が創設されました。彼の遺志を継ぎ、まさに「時代を創造する者は誰か」を問うための賞。今年で21回目をむかえた本賞では、558点の応募があり、厳正な審査を行いました結果、26名(組)が入選をはたしました。
作品は、様々な機会をとらえて公表するとともに、川崎市岡本太郎美術館「第21回岡本太郎現代芸術賞」展にて公開いたします。21世紀における芸術の新しい可能性を探る、「ベラボーな」(太郎がよく使った言葉です)作品をご覧ください。

主 催:川崎市岡本太郎美術館、公益財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団
 
会 期:2018年2月16日(金)~ 4月15日(日)
 
休館日:月曜日、3月22日(木)、3月23日(金)
 
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
 
観覧料:一般700(560)円、高校・大学生、65歳以上500(400)円、中学生以下は無料 
※( )内は20名以上の団体料金
常設展もあわせてご覧いただけます。
関連リンク : http://www.taromuseum.jp/exhibition/current.html#cu2
連絡先 : 川崎市岡本太郎美術館 TEL:044-900-9898
常設展 「敏子さん、岡本太郎のこと教えて。」展
 場所:岡本太郎美術館
岡本太郎の秘書・岡本敏子(旧姓 平野)は、1948年に太郎に出会い、その後、公私にわたるパートナーとして、また活動を支える存在として活躍しました。
太郎の没後、敏子の尽力によりメキシコで発見された「明日の神話」は、現在、太郎の代表作として知られています。本展では「明日の神話」の原画や、敏子が残した太郎の活動日誌などの貴重な資料を展示します。太郎の活動に大きな影響を与えた敏子の視点から、「芸術家 岡本太郎」をより深く知っていただく機会となりましたら幸いです。
 
会 期:2018年2月3日(土)~4月15日(日)
 
休館日:月曜日(2月12日を除く)、2月13日、3月22日、3月23日
 
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
 
観覧料:2018年2月3日(土)~2月15日(木)までは常設展のみの期間
一般500円(400)、高校・大学生・65歳以上300円(240)、中学生以下は無料
2018年2月16日(金)~4月15日(日)までは企画展とのセット料金
一般700(560)円、 高校・大学生、65歳以上500(400)円、中学生以下は無料
※( )内は20名以上の団体料金
関連リンク : http://www.taromuseum.jp/exhibition/collection.html
連絡先 : 川崎市岡本太郎美術館 TEL:044-900-9898
2月のプラネタリウム
場所:かわさき宙と緑の科学館
2月のプラネタリウム

○一般投影「南極老人星をさがそう」(約45分)
 冬の夜空には「南極老人星」と呼ばれ、見れば長生きができるといわれている星があります。それはどこにある星で、なぜそのように言われているのでしょうか。日本や中国に伝わる星の伝説についてお話します。
 平日15:00~
 土日祝日 10:30~、13:00~、15:30~

○子ども向け投影「たぬきくん はるのぼうけん」(約35分)
 おはながさくのをまちきれないたぬきくん。はやくはるになってほしくて、たぬきくんはぼうけんにでかけます。どんなおともだちにあえるでしょうか。
 土日祝日 12:00~、14:30~

○ベビー&キッズアワー(約35分)
 2月1日(木) 「せいざを さがそう」
 10:30~・11:30~
○フュージョン投影「宇宙の姿を求める旅」(約45分)
 2月11日(日)・25日(日) 15:30~
○星空ゆうゆう散歩「1等星を探る」(約45分)
 2月15日(木) 13:30~

※2/20(火)~23(金)はメンテナンスのためプラネタリウム投影は休止。(展示室は通常通り開館)
関連リンク : http://www.nature-kawasaki.jp/planetarium/
連絡先 : 044-922-4731
企画展示「結び展-むかしのべんりな結び30-」
場所:日本民家園
日本には多くの結びの種類があり、
昔の人たちはその技術を時と場合に応じて自在に使い分けていました。
本展示では、生活の中で活用されてきた結びの技術について、
昔の道具や模型を使って紹介します。

期間:2018年1月4日 木曜日~5月27日 日曜日
時間:9時30分~16時30分(3月から17時まで)
料金:入園料のみ
会場:本館展示室


【企画展示解説】
開催期間中、毎月1回、展示の見所などを当園職員が解説します。
当日参加自由ですのでお気軽にご参加ください。

日程:2018年1月27日・2月24日・3月10日 各土曜日
時間:14時〜(約20分)
料金:入園料のみ
解説:当園職員
場所:本館展示室
関連リンク : http://www.nihonminkaen.jp/archives/5899/
連絡先 : 044-922-2181